一週間ダイエットで何キロ痩せることができる?メリットデメリットは?

一週間ダイエットで何キロ痩せることができる?メリットデメリットは?

短期間で今すぐ痩せたい!
誰もが人生で何度かは経験する悩みですが、実際にどうすればよいのかを具体的に把握している人は少数ではないでしょうか。

そもそも一週間ではたしてどれだけ痩せることができるのか、安全な短期間ダイエットのために何をすればいいのか。
悩めるあなたのために、今回は短期集中一週間ダイエットについてご紹介いたします。

▶︎ 一週間で3キロ落とす方法を見る!
▶︎ 一週間で5キロ落とす方法を見る!
▶︎ 一週間ダイエットのメリット・デメリットを見る!
▶︎ 一週間ダイエットに有効なレシピを見る!

このページの著者
著者にくまん
自身で様々な運動と食事管理を徹底追求し、
3ヶ月で75.9kg→59.5kgへ減量達成!
ダイエットへのさらなる探究心から常に情報を研磨する貪欲なフィットネスライター。

一週間ダイエットしたら何キロ痩せる?その方法は?

一週間ダイエットしたら何キロ痩せる?その方法は?

ダイエットとは本来ならば長期的な計画を立てて行うべきものです。

減量というのはつらく厳しいもの。
たとえ苦難の日々を乗り越えたとしても、身体に負担をかけすぎればリバウンドが発生してしまいます。
最終的に体重がもとの数値より増えてしまった、なんてことも珍しい話ではないでしょう。

しかし、一週間でダイエットする方法がなにもないわけではありません。

短期ダイエットの鍵となるのは、デトックスと食事制限。
一週間真面目に取り組めば、最大で5キロの減量も不可能ではないのです。

体脂肪を1キロ落とすために必要なカロリー

1キロの脂肪を燃やすために必要となるカロリーは7,200キロカロリーと言われています。

途方もない数字に見えるかもしれませんが安心してください。
私たち人間は生命維持活動と日々の生活だけでも2,000キロカロリーほどの熱量を消費しています。
これがいわゆる基礎代謝です。

もちろん飲食によって摂取したカロリーもありますので基礎代謝のすべてを脂肪の燃焼にあてることはできません。
しかし摂取カロリーを抑えたぶんだけ脂肪が燃やされていくのは確かです。

短期間で効率的に脂肪を燃焼させていくには、基礎代謝をうまく利用するための食事制限が鍵となります。

一週間3キロを落とすならこの方法がおすすめ

一週間3キロを落とすならこの方法がおすすめ

一週間で3キロのダイエットを目標とするならば、メインとなるダイエット法はデトックスです。

体内の余分な毒素を排出するデトックス。
なによりもすばらしいのは、健康的で身体に負担がかからないダイエット法だからこそ、リバウンドの危険性が非常に低いという点です。

デトックスで毒素の排出ができれば、目標達成のために燃焼させなければならない脂肪の量は実質的には1~2キロといったところでしょう。
けっして難しい数字ではありません。

適度な食事制限や運動とともに生活を見直し、さくっと3キロの減量を成功させましょう。

腸内環境を改善して便秘解消!

腸内環境を改善して便秘解消!

もっとも手軽で早期効果が望めるダイエット法は腸内環境の改善です。

身体の内側をキレイにすれば、ウエストサイズを短期間で効果的に減らせます。
腸内環境が整えば新陳代謝が上がるため、痩せやすい身体作りの一歩ともなるでしょう。

ただし注意していただきたいのは、下剤など薬の乱用による強引な便秘解消はご法度であることです。
身体にダメージが残ってしまえばリバウンドの危険性もありますし、健康被害を引き起こすきっかけとなる可能性もあります。

野菜やこんにゃくなどの繊維質のものを摂取したり、ストレッチをしたり、デトックス効果のあるダイエットティーを使用したり、あくまで健康的な手段で腸内をキレイにしましょう。

お風呂で汗を流して水分量の体重を落とす

お風呂で汗を流して水分量の体重を落とす

発汗により身体の余分な水分を排出しましょう。
サウナや岩盤浴、運動でも汗をかくことはできますが、まずは自宅の湯船に毎日しっかり浸かることをおすすめします。

汗をかくためには長くお風呂に入らなくてはいけません。
そのため身体に負担のかからない入浴法、半身浴を行いましょう。
お湯の温度は熱すぎない程度に設定してください。

長湯するとなれば暇つぶしの道具を浴室に持ち込みたくなるかもしれませんが、お風呂で汗をかくコツは手首と足首をお湯に浸けることです。

汗をかくことで肌と毛穴もキレイになりますし、代謝の向上にも効果的があります。
力を入れなくとも脚や腕を摩るだけでリンパの流れも改善されるでしょう。
とくにむくみが気なる場合には関節の内側を軽く揉んであげると解消できます。

入浴剤の使用もおすすめです。
夏には清涼感のあるものを、冬には身体が温まるものを使用して、しっかり汗をかいてくださいね。

短期的にジム通いと簡単な食事制限

短期的にジム通いと簡単な食事制限

デトックスだけではまだ目標の3キロに届かないかもしれません。
あとは短期的な運動と食事制限で消費カロリーを補いましょう。

一週間だけしっかり運動したい場合には、チケット制のジムで通いたい回数分だけ料金を支払うのがもっとも効率的です。
あるいはフィットネスジムの場合は、非会員向けに日額で設備を使わせてくれる店舗も一部にはあります。

他にもフィットネスジムやパーソナルジムの無料体験をいくつか試してみるのもよいでしょう。
なによりお金がかかりませんし、今後どこかのジムへしっかり通いたいと思った時にも無料体験時の経験が参考になります。

同時に食事制限もできる範囲で行いましょう。

間食をしないのはもちろんのこと、夜八時以降は食べないようにするのも有効です。
食事ではまず最初にたっぷりの野菜を食べたり、油物を抜いたり、あらかじめチアシード飲料や豆乳を飲んで食欲をセーブしたりするのも良いでしょう。

難しいカロリー計算や栄養バランスのチェックまではしなくても、いつもより少し食事に気を使うだけで、体重は日々変化していくのです。

1週間で5キロを落とすおすすめの方法

一週間で5キロのダイエットを目標とするならば、メインとなるダイエット法は食事制限です。

むやみに食べる量を減らすばかりの食事制限はかならずリバウンドを引き起こしてしまいます。
筋肉量が減り、代謝が下がり、痩せにくい体質になってしまえば、ダイエットを始める前の生活に戻っただけでもどんどん脂肪がついてしまうかもしれません。

やるべきこととやってはいけないことをしっかり踏まえて、5キロの減量をがっつり成功させましょう。

ファスティング

ファスティング

ファスティングとはいわゆる断食のことですが、この場合は「食事をすべて断つ」という意味ではありません。
日常生活に最低限必要な栄養のみを摂取し、摂取カロリーを必要最低限に抑えることを目的としています。

栄養がきちんと摂れていれば身体が飢餓状態になることはありません。
空腹感に耐えられて終了後のドカ食いを我慢できれば、リバウンドの危険性もないのです。
短期間で効果的に痩せることができる上、同時に酵素の摂取すれば代謝の向上も望めます。

我慢できる人は1~2日、初めての人は半日くらいから試してみても良いでしょう。

ただし、1日に必要な栄養を低カロリーで効率的に摂取するのは、十分な知識がない一般人にはなかなか困難です。
ファスティング用、置き換えダイエット用のスムージーやサプリメントを使用することをおすすめします。

糖質制限・カロリー制限

糖質制限・カロリー制限

食事制限は大まかに糖質制限とカロリー制限の2パターンに分類できます。

糖質制限は炭水化物、甘いものなどを減らしていく食事制限方法です。
血糖値を抑え、蓄えられている脂肪の燃焼を促すことを目的としています。
また、血糖値が低い状態であれば脂質・たんぱく質を摂取しても新たな脂肪が付くことはありません。
がっつり食べながら痩せられる食事制限と言えるでしょう。

対してカロリー制限は、甘いもの、脂質などをカットしていく食事制限方法です。
摂取カロリーを制限すれば代謝が脂肪を燃焼させてくれるようになり、いつも通りに生活しているだけでも自然と痩せることができるようになります。

どちらの食事制限のほうが優秀であるという判断はできません。
しかし、その人その人によって向き不向きは存在します。

糖質が不足する状態が続けば頭の回転は落ちますし、カロリー制限をすれば空腹は免れません。
生活に合った制限法を選びましょう。

運動だけで体重を落とすことは可能?

食事制限は面倒です。
普段何気なく口にしているものが、いったい何キロカロリーであるのか、栄養的にどうなのか、全てを把握していることなんて普通はあり得ないでしょう。

できることならばややこしいことは抜きにして運動だけで痩せたい。
そう考えたくなる人もいるかもしれません。
しかし一週間で運動のみにより痩せることは非常に困難です。

1キロの脂肪を燃焼させるために必要となるのは7200キロカロリー。
これはウォーキングや筋トレで消費するならばおよそ72時間、ランニングや水泳で消費するならばおよそ30時間が要されます。
一週間で痩せることを目的としているわけですから、当然その運動量をこなすのも一週間以内でなければいけません。

あなたは毎日、10時間以上のウォーキングや4時間以上のランニングができるでしょうか?
よほど無理をすれば可能かもしれませんが、身体を壊しては元も子もありません。

もちろん、適度な運動によって消費カロリーを増やすことはダイエットにおいて大切なことです。
食事制限と合わせて、無理のない範囲で運動しましょう。

一週間ダイエットのメリットとデメリット

一週間ダイエットのメリットとデメリット

一週間ダイエットのメリットとデメリットについてまとめました。

メリット

我慢する期間が短いからモチベーションが崩れない

何週間も何カ月も我慢し続けなければならないダイエットはモチベーションの維持がとても大変です。
現在の生活パターンが長期間変化するわけですから、アフターファイブや休日の友達付き合いや趣味も我慢し続けなくてはいけなくなってしまいます。

一週間だけ我慢すればいい短期間ダイエットならば、長くつらい思いをする必要はありません。
「今だけ頑張ればいい」と自分を奮い立たせることができますから、気力不足で失敗する可能性は非常に少ないといえるでしょう。

いつでも痩せられる自信がつく

一週間で痩せられることが経験でわかれば、これから先、ここぞという時には必ず最高の自分になることができるでしょう。
デート、合コン、同窓会や知人の結婚式、晴れの日に向けて焦るということがなくなり、心に余裕を持って生活できるようになるはずです。

おしゃれの幅も広がるため、今後のイベント事がどれも今まで以上に楽しみになりますね。

美容健康への興味が高まる

一度ダイエットに成功すれば、自然と美容健康への意識も高まります。
こうすれば痩せるらしい、スタイルがよくなるらしい、ちょっとした情報を小耳にはさむたびに「試してみようかな」と気軽に思えるようになるでしょう。

一週間ダイエットは今後の自分をさらに向上させていくきっかけ作りとしても優秀なのです。

デメリット

リバウンドの危険性

短期間に一度に体重を落とすことはリバウンドの危険性の高い行為です。
とくに一週間ダイエットの場合は成功した場合、リバウンドが始まるのはダイエット期間の翌週になる点に注意しなければなりません。

一週間で痩せたいと思った人のほとんどは、一週間後になにかしらの予定があってダイエットを決心するのではないでしょうか。
そうなりますと、ダイエットに成功して予定を楽しみきったあとには、必ず気のゆるみが生じるはずです。
予定の中に食事の機会が含まれているならば、頑張った自分へのご褒美のつもりでうっかりドカ食いをしてしまうこともあるでしょう。

ダイエットは成功してからが肝心です。
一週間の成果を維持できるよう、リバウンドには十分注意しましょう。

焦りからくるストレス

一週間しか猶予がないとなれば、思うように結果が出ない場合には途中で焦りが生じることもあるでしょう。

ストレスはダイエットの大敵です。
空腹が刺激され、食事制限の大きな障害となってしまいます。

しかし途中で諦めてしまうのは非常にもったいないです。

最初から一気に痩せられるダイエットなんてありません。
最初はゆるやかな変化しか感じられないとしても、まずは一週間を乗り越えることを目標としてみてはいかがでしょうか。

一週間ダイエットに有効な痩せるレシピ5選!

短期間でしっかり痩せるためには食生活での努力がかかせません。
ダイエット効果抜群の美味しいレシピをご紹介いたします。

ラインアップ

毒素排出トマトスープ

毒素排出トマトスープ

トマトとコンソメをベースにした野菜たっぷりスープです。

キャベツとにんじんの食物繊維、セロリとたまねぎの解毒作用、トマトとピーマンの美容効果。
ダイエット中の身体に欠かせない栄養がたっぷり摂取できます。

一週間ダイエットの間にはぜひ常備しておきたいですね。

材料(鍋いっぱい分)

・トマト缶(ダイスカット) 1缶
・キャベツ 1/2個
・セロリ 1本
・ピーマン 1~2個
・にんじん 1本
・塩こしょう 少々
・コンソメ 1~2個
・水 1.2リットル

作り方

  1. 野菜をそれぞれ食べやすい大きさに切りましょう。セロリは葉っぱも使います。
  2. 鍋に材料をすべて入れ、野菜がしんなりするまで煮込んでください。
  3. 塩こしょうで味を整えれば完成です。

およそ一週間分、大量に作れるので、暑い時期にはあらかじめ冷蔵庫の容量に注意しておきましょう。
味に飽きてきたときには、その日の気分でしょうがやにんにく、カレー粉、唐辛子などを足して、味に変化を持たせるとおいしくいただけます。

しらたきで作る塩焼きそば

しらたきで作る塩焼きそば

中華麺の代わりにしらたきを使ったダイエット用レシピです。

しらたきは糖質もカロリーも低く、お腹の調子も整えてくれるため、ダイエットに最適の食材といえます。
食べ応えバツグンのメニューですから安心してしっかり食べてくださいね。

材料(2人分)

・しらたき 1袋(200g)
・ささみ 100g
・キャベツ 100~150g
・しめじ 小1パック
・長ネギ 1/4本
・ニラ 1/2束
・しょうが 1かけ
・ごま油 大さじ1~2
・塩 小さじ1/2
・こしょう 適量
・醤油 小さじ1~2

作り方

  1. キャベツは1センチ幅、しめじは石づきを取り小房に分け、長ネギは斜め薄切り、ニラを3センチの長さに切りましょう。
  2. ささみは筋を取り、削ぎ切りにしておきます。
    (下処理が面倒な場合は代わりにささみのひき肉を用意しておいてください。)
  3. しらたきをさっと洗い、食べやすい長さに切ります。
    あく抜きが必要な場合、またはしらたきのにおいが苦手な人は、30秒ほどゆでてからざるに上げておきましょう。
  4. フライパンにしらたきだけを入れて、強め中火で1、2分空炒りしてから取り出します。
    この行程をしっかり行うことで、味がしみやすく、歯ごたえが出るようになりますよ。
  5. フライパンにごま油をひいてささみを炒めます。
    火が通ったら野菜を入れ、強火でさっと炒めます。シャキシャキの歯ごたえがなくならないうちに、空炒りしておいたしらたきを混ぜ合わせ、塩・こしょう・醤油で味付けたら完成です。

糖質制限ダイエッター御用達 厚揚げチップス

糖質制限ダイエッター御用達 厚揚げチップス

糖質制限ダイエットでは、ポテトチップスは食べられなくとも厚揚げチップスなら食べられます。

理由は簡単です。
じゃがいもは糖質を含んでいますが、油と大豆が材料の厚揚げはたんぱく質と脂質でできています。
厚揚げならばカロリーが高くても糖質制限にはひっかからないのです。

糖質制限とカロリー制限、実際に行ってみなければイメージがつかみにくいかもしれませんが、このおやつがいくらでも食べられるのが糖質制限で、絶対に食べられないのがカロリー制限です。
当然ながらとってもおいしいので、糖質制限中にはぜひお試しください。

材料

・厚揚げ 1袋
・オリーブオイル 大さじ3
・塩こしょう 各6振り

作り方

  1. 厚揚げを3ミリの厚さで切ります。
    薄いほどサクサクと軽く、厚いほどザクザクと噛みごたえが出るので、お好みに合わせて調整してみましょう。
  2. ボウルにオリーブオイルと塩こしょうを混ぜ合わせ、スライスした厚揚げを和えます。
  3. 大きな平皿にクッキングペーパーを敷き、厚揚げを並べてください。
  4. 600ワットの電子レンジで両面を各10分ずつ加熱して完成です。

電子レンジはタイプや製品によって加熱にムラが生じます。
途中で様子をみて、加熱されているところとされていないところを並べ替えると、より均一な仕上がりになるでしょう。

ポテトチップスのようにコンソメ味やのりしお味で仕上げてみたり、タルタルソースやアボガドディップを用意してみたり。
いろんな食べ方を楽しんでくださいね。

カロリー制限常備食 豆腐そぼろ

カロリー制限常備食-豆腐そぼろ

豆腐も肉もたんぱく質です。
糖質制限ではどちらでも無制限に食べられますが、カロリー制限の場合には肉より豆腐を選ぶべきなのは言うまでもありません。

どうしてもお肉が食べたい、そんな時に強い味方になってくれるのが豆腐そぼろです。
しょうがが効いているため、代謝向上の効果も期待できますよ。

常備すれば、ご飯のお供に料理の材料にとヘビロテまちがいなしです。

材料

・木綿豆腐 2丁
・玉ねぎ 1個
・しょうが 1かけ
・にんにく 1かけ
・かつおぶし 5g
・ごま油 少量

A
・味噌 大さじ1
・醤油 小さじ1
・みりん 大さじ1
・酒 おおさじ1

作り方

  1. 木綿豆腐はあらかじめしっかりと水切りしておきましょう。
    キッチンペーパーで二重に包み、レンジで3分加熱すればOKです。
  2. 玉ねぎ、しょうが、にんにくはみじん切りにしておきます。
  3. Aは合わせて混ぜておいてください。
  4. 中火で熱したフライパンに薄くごま油をひきましょう。
    にんにく、しょうがを入れ、香りが出たら玉ねぎを追加し、水切りした木綿豆腐を入れて崩しながら炒めます。
  5. あらかじめ混ぜておいたAをフライパンに入れて混ぜ、水分を飛ばしたらかつおぶしを加えてさらに混ぜましょう。
    均一に馴染んだら出来上がりです。

簡単で低カロリー! グレフルフローズンヨーグルトアイス

簡単で低カロリー! グレフルフローズンヨーグルトアイス

ダイエット中にぴったりのデザートのレシピをご紹介します。

グレープフルーツには食欲抑制、脂肪燃焼、血流促進、便秘解消、デトックスなど、ダイエット中に嬉しい効果が満点です。
低カロリーな無糖ヨーグルトと合わせ、さっぱりとしたアイスを作って、おいしくいただきましょう。

材料

・無糖ヨーグルト 1パック
・グレープフルーツ 1個

作り方

  1. 皮を厚めに切ったグレープフルーツから身を取り出し、食べやすいサイズに切りそろえます。
  2. 無糖ヨーグルトとグレープフルーツをざっくり混ぜ合わせ、冷凍庫で3時間寝かせましょう。
  3. 無糖ヨーグルトが凍る直前のタイミングを見計らい、スプーンなどで再び混ぜればできあがりです。

一週間ダイエットで痩せる方法まとめ

一週間ダイエットで痩せる方法まとめ

一週間で3~5キロの減量が成功したとしても、どうか気を抜かないでください。
短期ダイエットにはつきものであるリバウンドへの警戒は怠るべきではありません。

気を抜いて食べすぎれば、せっかくの苦労が無駄になってしまうことすらあるでしょう。

そして一週間の短期ダイエットで少しでも手応えを感じられたならば、これを機会に普段の食生活やライフスタイルを改めてみることをおすすめします。

突然の短期ダイエットは本来身体によくありません。
それにわずかな時間のためにつらい思いを繰り返すより、普段からキレイな自分でいられたほうがずっといいですよね。

一週間ダイエットを成功させて、今まで以上に魅力的な努力家の自分を手に入れましょう。

関連記事

  1. 3ヶ月で10キロ

    3ヶ月で10キロ痩せる!? 痩せた身体をキープするダイエット法

  2. 筋活

    【2019年】筋活で健康的な身体作り!おすすめの運動と食事を紹介

  3. ダイエット 家

    家でできるおすすめダイエット10選!自宅でもしっかり痩せられる